第4回総会が行われました!

IMG_0719.jpg IMG_0721.jpg

昨日、生存権アクションぎふ第4回総会が14:00から岐阜県教育会館にて行われました。

猛暑の中にもかかわらず18名の参加がありました。

総会では、1年間の活動報告、会計報告、そして、生存権アクションぎふが行った県内の生活保護業務を取り扱うすべての福祉事務所を対象に生活保護行政の実施体制等に関するアンケート調査の結果報告などが行われました。

記念講演は、子ども食堂の「ながら『梅子の家』を運営する会」代表の斉藤恵津子さんに子ども食堂の現状と課題をお話いただきました。

子どもたちの居場所をどうつくるのか、運営に関する葛藤や行政との関係などについてもお話をうかがうことができました。

早くも4年目を迎えますが、本年度もよろしくお願いいたします。 

第4回総会のお知らせ

36729154_2011115878963459_4094055911373406208_n.jpg


生存権アクションぎふは今年で設立から4年目を迎えます。

お陰様で、1年に3回ほどの学習会ですが地道に定期的に開催してくることができたと思っています。本日は、第4回総会のご案内です。

今年度の総会では、記念講演に県内で子ども食堂の実践に携わってきた斉藤恵津子さんをお招きし、また、生存権アクションぎふとして初めて行った調査の報告などを準備しております。

ぜひご参加ください。

生存権アクションぎふ 第4回総会

第1部 総会              

活動報告

調査報告 
「岐阜県における生活保護行政の実施体制等に関するアンケート調査」

第2部 記念講演

岐阜県における子ども食堂の現状と課題
    ~ながら梅子の家の実践から~

   講師 : 斉藤 恵津子 さん
       (ながら「梅子の家」を運営する会 代表)

日 時 : 2018年7月14日(土)
       14:00~16:30

場 所 : 岐阜県教育会館 401会議室
        (岐阜市徹明通り7-13) 
※バス:岐阜駅から西鏡島行き徹明通り6で降りてすぐ

※駐車場の数に限りあります。公共交通機関または乗り合わせておいでいただけると助かります。

参加費 :資料代300円(カンパ歓迎)

お問い合わせ 090-7866-8668(森下)



 

岐阜県内生活保護実施体制に関する調査の途中経過

生存権アクションぎふでは、岐阜県内生活保護実施体制に関する調査を行っています。

生活保護の業務を取り扱う県内26の福祉事務所のうち、現在24福祉事務所よりご回答を得ることができています。

【調査の名称】 「生活保護行政の実施体制等に関するアンケート調査」

【調査の対象】 岐阜県内における生活保護業務を取り扱う21市の福祉事務所
        及び5つの県福祉事務所

【調査の方法】 郵送によるアンケート調査

【調査期間】  2018年3月19日(月)~3月31日(土)
        (期限内に回答のなかったところには督促を行いました)

【回収率】   92%(24市・県福祉事務所/26市・県福祉事務所)

6月上旬を最終締め切りとし、7月中旬の総会に向けて分析・考察を行っていくことを目指しております。

ぜひ、調査結果をお待ちください。

 

第6回学習会を開催しました!

IMG_0425.jpg

ご報告がかなり遅くなりましたが、去る4月14日に岐阜市のメディアコスモスにて「生活保護の引き下げを許さない!」というテーマで第6回学習会を開催いたしました。

講師に、全大阪生活と健康を守る会連合会会長の大口耕吉郎さんをお招きし、生活保護引き下げの動向について、とても分かりやすくお話をいただきました。

会場は、自治体の議員さんや弁護士、大学教員、新聞記者、市民団体の方など約20名の参加者で活発に意見交換もなされました。

残念ながら、衆議院で生活保護の引き下げを含む生活保護法の改悪案が通過してしまいましたが、こうした学習会をきっかけにあきらめずに引き下げを許さないたたかいを進めていきたいと思います。

最後に、今回の学習会は第5回と周知しておりましたが正確には第6回であったことをお詫び申し上げます。 

第5回学習会「生活保護の引き下げを許さない!」のご案内

20180414 生存権アクションぎふ 学習会

直前の告知となってしまいましたが、今週末、生活保護引き下げを許さない運動を展開している全大阪生活と健康を守る会連合会(大生連)会長の大口耕吉郎さんをお招きし、第5回学習会「生活保護の引き下げを許さない!」を実施いたします。

2013年~2015年にかけて行政・政治主導による執拗な生活保護バッシングによって、戦後最大の下げ幅(最大10%)となる生活保護基準が引き下げられましたが、今日、また、引き下げの方向で検討されています。

生活保護基準の引き下げは、生存権の侵害というだけでなく、それを基準に算定される最低賃金や低所得者支援の施策全体にも大きな影響を与えます。

生存権アクションぎふでは、これ以上の生活保護の引き下げを許さないという立場から、岐阜市のみんなの森 メディアコスモスにて学習会を行います。

日 時 : 2018年4月14日(土) 14:00~16:00頃
場 所 : みんなの森 メディアコスモス あつまるスタジオ
       (岐阜市中央図書館 岐阜市司町40番地5)
講 師 : 大口耕吉郎さん(全大阪生活と健康を守る会連合会(大生連)会長)
資料代 : 300円(学生は無料)
お問い合わせ:090-7866-8668(森下)