FC2ブログ
2015
06.10

結成に向け最終の設立準備会が開かれました。

Category: 準備会
gseizonken1.jpg gseizonken2.jpg

8日の午後2時より、「生存権アクションぎふ」の結成総会に向けて5回目の準備会が開催されました。

何もなければ、最終の打合せとなります。総会当日の役割分担やスケジュール、議案などについて確認が行われました。

結成後の方向性として、岐阜市圏域だけでなく、全県的な活動を目指していく方向性も議論されました。

岐阜県には現段階で、生存権裁判や生活保護基準引き下げ訴訟に関わっている原告の方がいらっしゃらないので、活動の柱に、生存権や生活保護に関する学習会を柱としていき、第1回目の内容についても協議を行いました。

チラシも完成し、いよいよ今月28日に結成総会を行います。

結成総会の日程は下記の通りです。

日 時:2015年6月28日(日) 14:00~16:30
場 所:岐阜県弁護士会館(岐阜市役所近く)

※結成総会のみ参加の方は参加費無料
※入会を希望される個人の方は(年会費一口)500円をお願いします。

総会の後には、懇親会も予定しておりますのでぜひご参加ください。
Comment:0
2015
04.27

結成総会日程が決定しました!

Category: 準備会
dai4kkai.jpg

本日、第4回目の準備会が岐阜県教育会館にて開催されました。

本日は、結成総会の具体的な日程、会の規約修正版の承認、など結成総会に向けて最終の調整に入りました。

結成総会は次の通り開催することが承認されました。

日 時 : 2015年6月28日(日) 14:00~16:30
場 所 : 岐阜県弁護士会館(岐阜市端詰町22番地)

報告2本の後、結成アピールを行う予定です。

また、総会後には、懇親会も行うことを確認いたしました。

いよいよ結成に向けて、本格的に動き始めましたが、詳細がさらに具体化しましたらまた、お知らせさせていただきます。

Comment:0
2015
04.10

第3回 生存権アクションぎふ準備会のご報告

Category: 準備会
kiyaku.jpg

ご報告が遅くなりましたが、去る3月31日に岐阜県教育会館にて「第3回 生存権アクションぎふ準備会」が開催されましたのでご報告させて頂きます。

今回は、具体的に結成総会の時期や規約案、結成総会の内容などについて話し合いがもたれました。

また会議では、準備会からの参加はかないませんでしたが生活保護引き下げ訴訟を支える会交流集会で岐阜からの報告案も審議されました。

その後、結成は6月の下旬とすることを軸に調整が進んでいます。

動きがより具体化してきたことで、結成に向けての決意を新たにしています。
Comment:0
2015
02.24

名称が「生存権アクションぎふ」に決定しました!

Category: 準備会
seizonken.jpg
名称を決めているホワイトボードの様子

本日、15:00より岐阜県教育会館にて「ぎふ生存権裁判を支える会準備会(仮称)」の第2回目の会議が行われ、会の名称や役員などについて話し合われました。

様々な意見が出され、会の名称、役員は、下記のように決定しました!

全国で展開される生存権裁判の支援や生存j権裁判に関する学習会の実施、反貧困運動などとの連携を目的として5月を目途に結成を目指すことも確認されました。

名  称 : 「生存権アクションぎふ」準備会

代  表 : 高木 博史 (岐阜経済大学)
事務局長 : 森下 満寿美(岐阜生活と健康を守る会)
事務局員 : 小山 哲(弁護士)
事務局員 : 河村 彰英(岐阜県民主医療機関連合会)
所 在 地  : 岐阜県岐阜市徹明通7-13 岐阜生活と健康を守る会気付
         TEL/FAX 058-253-6238


まだまだ、準備会の段階ですが生活保護をめぐる厳しい状況や生活困窮者自立支援法の施行を控え、今こそ生存権に関する理解を深めていくという認識を共有し、活動を開始していきたいと思います。

どうぞ皆様、よろしくお願いいします。

Comment:0
2015
01.28

ぎふ生存権裁判を支える会準備会(仮称)を結成しました!

Category: 準備会
去る2015年1月22日(木) 15:00から岐阜市にある岐阜県教育会館にて「ぎふ生存権裁判を支える会準備会(仮称)」を結成いたしました。

参加者は9名でこれまで大学教員、県内の反貧困運動や高齢者運動、訴訟支援運動などにかかわられてこられた団体の方などが参加しました。

生存権裁判とは、生活保護における老齢加算が廃止され人間らしい生活ができなくなったとして処分取り消しを求めた裁判であり、全国的(9都道府県)に訴訟が提起されています。

ここ岐阜県では、この裁判の原告の方はいらっしゃらないものの今日の生活保護をめぐる基準引き下げや冬季加算、住宅扶助引き下げの動きなど厳しい情勢を受け、生存権が危機的状況に陥っていることに鑑み、この生存権裁判を中心に従来の反貧困運動とも共同を視野に置いた取り組みとして支援組織を立ち上げる準備会を結成いたしました。

日本国憲法が保障する「健康で文化的な最低限度の生活」の理念実現のために、今後さらに多様な団体・個人に呼びかけ幅広い共同を目指していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
Comment:0
back-to-top