第2回学習会を開催しました!

IMG_0291.jpg

先週の土曜日に、岐阜県教育会館にて、岐阜市生活・就労サポートセンター相談員の有田朗さんをお招きし、生活困窮者自立支援法施行1年後の現状と課題についてお話しいただきました。

生活困窮者自立支援法は、反貧困運動関係者の中でも評価が分かれており、その実態と課題について、たいへん興味深いお話を聞くことができました。

とくに、この法律自体がひじょうに抽象的であり、どのように運用していくのかというのかは、自治体の考え方や姿勢によっても大きな違いが出てきてしまうという課題はかなり深刻だということがうかがえました。

当日は、20名の方が参加し、子どもの貧困や相談支援の実態についても議論が及びました。

生存権アクションぎふは、生存権裁判を支援する全国連絡会の要請を受けて岐阜でも作ろうという動きから始まりましたが、県内に原告の方がいないことなどから学習会などを中心とする活動を行っています。

今後も定期的に生活保護や貧困問題に関する学習会を開催していく予定ですので、ぜひ、ご期待ください。  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する